会員専用ページ
ログイン
営業カレンダー




★弊社の基本概念★


カテゴリー
ショッピングカートを見る
商品検索
メールマガジン
ショップ紹介

ご来店ありがとうございます店長の川島です
車のコーティングや塗装は「磨き」が大きく見栄えに影響します。効率の良く高品質な仕上げが出来る「磨き」。それは塗装に合わせた「磨き」が必要です。リベライルは効率の良い作業、楽に、きれいに仕上がる「磨き」と「コーティング」を追求し、皆様に費用対効果の高い商品をご提案させていただいております。
rss atom
ホーム 溶剤を極限まで抑え、研磨剤で艶や光沢が得られる車磨き用水性・水溶性研磨剤 ダブルアクションポリッシャー用研磨剤
カテゴリー別商品

車磨きのお悩みはこれで解消!


磨きのトラブルの原因の大部分が磨く際に出る摩擦熱、つまり「研磨熱」なのです。


よって、「研磨熱」を抑えた磨きをすれば多くの研磨トラブルは回避されるのです。


↓↓↓「なぜ?」と思われた方はご参考までにこちらもお読みください。↓↓↓


★★★加熱研磨のデメリットについて★★★(詳しくは左のタイトルをクリック)



しかしながら、今までのようなシングルポリッシャーでは研磨熱を抑えた、ほぼ常温での研磨は皆無と言って

良いほど困難です。

かといって研磨熱が発生しにくいダブルアクションポリッシャーに変えても今まで使用していたコンパウンドで

は、効率よく磨くことは難しいのです。

なぜなら、現在市販されているコンパウンドはシングルポリッシャー向けに作られているからです。


「シングルポリッシャー向け」とはどういう事でしょう?


シングルポリッシャーは、非常に高い摩擦熱、つまり「研磨熱」を発生させます。

基本的に、今までの磨きの観念では「熱で塗装を柔らかくして磨く」とか「溶剤で塗装を柔らかくして磨く」事で

した。

塗装を柔らかくする」ことは、良く削れますが、その反面「傷が入りやすくなる」と言ったデメリットとなります。

よって、この研磨熱を抑えるために溶剤や艶出し剤などの潤滑剤的な成分が多く配合されています。

この様なコンパウンドで研磨熱を抑えた磨きをすると、磨きはできますが非常に時間がかかってしまう事とな

り、作業効率も非常に悪くなります。

また、溶剤が多く配合されているコンパウンドは短時間できれいに仕上がると錯覚を起こしがちとなります。

と言うのは、溶剤で傷を埋めて艶を出すために、短時間できれいになったと勘違いをしてしまうのです。


「きれいに磨いたのに、時間がたてば傷だらけ」というご経験はありませんか?


これは、溶剤が傷を埋めて艶を短時間で出すためにきれいになったように感じるのですが、

所詮、傷を埋めているだけなので、傷がなくなっているわけではないのです。

当然、傷を埋めたものが洗車や酸化によりなくなれば傷が表れてきます。

また、ギラツキがいつまでも残ったり、溶剤で得た艶のために溶剤自体が酸化劣化が早い為、短時間で艶引

きも起こるわけです。

他にも研磨熱により塗膜が膨張するために傷口が閉じて目立たなくなるので、逆に冷めると傷口が開いて傷

が見えてくる可能性もあるでしょう。

しかしながら、ポリッシャーを研磨熱の起きにくい「ダブルアクションポリッシャー」に変えることで、研磨熱によ

るトラブルのほとんどを回避することが出来るのです。

が、研磨熱が出ないと言う事は主に「コンパウンドに頼り切る磨き」をすることとなります。

よって、潤滑性に優れた減摩効果の高い従来のコンパウンドでは時間がかかってしまいます。

研磨力を高めるためには、この潤滑性を抑えた石油系溶剤やWAX分滑り剤などを極力少なくしたコンパウン

ド、水性や水溶性コンパウンドを使う事が効率を上げる一つの要因となります。


水性および水溶性コンパウンドを使うメリットは、


研磨力が上がるだけでなく、

●研磨カスの排出性が良いのでバフの目詰まりがしにくい。

 では「研磨カスの排出性が悪い」とは、どのような事かと言うと、

 「全くと言っていいほど研磨カスが出ない」と言う事ですよね。

  では、研磨カスはどこに行ってしまったのでしょうか?

  み〜んなバフの中にとどまっているのです

  だから飽和状態になったり目詰まりを起こして、すぐに研磨できなくなってしまいます。

  中には切れないからと言って、頻繁にコンパウンドを補充する方もいらっしゃると思います。

  研磨カスがバフの中で飽和状態になると、いくらコンパウンドを付けようが切れは戻りません。

  時折バフクリーナーでクリーニングをしたところで、すぐに切れなくなりますし、バフに固着した研磨カスや

研磨粒子は完全には除去できません。

  皆さんもご経験あると思いますが、下の写真のように





  黒いバフで磨き、バフをブラシなどでクリーニングをしてももとの黒色には戻らず、写真右のようにグレーに

なるのがせいぜいですよね。

  グレーと言う事は、研磨カスやコンパウンドの粒子がまだ残っていると言う事ですよね。

  この状態で磨いても、この残った固着粒子が傷をつけるのでバフ傷が残ったようにすっきりとした仕上がり

にならない一因であると考えているのです。


だから、きれいな仕上げをするためには、常にきれいなバフを使う事が重要だと思います。

バフはブラッシングよりも洗ったほうが効率よくきれいに仕上げることにつながるのです。

しかし、石油系溶剤を多く含んだコンパウンドを使用している場合は、油脂系の汚れなので水洗いで落とすこ

とは困難です。

洗剤で洗わなくてはきれいにならないでしょう。

またこのようなコンパウンドで、ペースト状のような粘度の高いコンパウンドの場合は、バフがカッチカチになり

やすく、さらに洗いにくくなります。

この類のコンパウンドは、リキッドタイプと比べ目詰まりを起こすのが非常に早く作業効率は格段に落ちると思

います。


しかし、水性、水溶性コンパウンドはどうでしょう。

●水で溶けるため、水洗いで大まかきれいになるのです。

 洗剤で洗う場合は、作業終了後の洗浄時でよいのです。

 だから、下の写真のように、作業中に適宜水洗いでバフのメンテナンスができるので「効率の良い磨き」

可能となるのです。


TAKUMI OPS PROは、水性にすることで、これらの難点をクリアーさせ、

更に、研磨カスの排出性を良くして、バフへの付着を極限まで抑えることで、研磨の作業効率を向上させまし

た。


よって、研磨熱のほとんど出ないダブルアクションポリッシャーでもシングルポリッシャー並みの磨きが出来、

研磨熱による様々な障害から解放されるので、今までの磨きと比べて精神的にも肉体的にも研磨作業が非

常に楽
になります。




その他、研磨剤の粘度も水を加えることで「お好みの粘度」にできます。
(但し、薄めすぎないでください。切削性が落ちます。)

さらに、石油系溶剤を極限まで控えることで、 「脱脂不要」の「艶引きのない」磨きができる

ように開発された研磨剤です。

最近の車のボディは、軽量化を図るために

樹脂パネルの使用箇所が増えてきています。

樹脂パネルはシングルポリッシャーなどの研磨熱が高くなる磨きをすると、研磨熱による支障が出るため、従

来ではウレタンバンパーなどはあまり磨かないようにしていました。

仮に磨くとしても、磨きになれている方でさえ大変気を遣っていました。

が、全く新しい考えのもとに開発された研磨法、「抑熱研磨法」が、今までの研磨熱による様々なトラブルを解

し、全く磨きの経験のない方でも独習できるようにいたしました。




研磨熱がほとんど発生しない

サンダ・ダブルアクションポリッシャー専用水性コンパウンド


↓↓↓こちらもご参考にしてください。↓↓↓

「リベライルのBlog」「抑熱研磨」は、プロでも我流では効率よく磨けません。

磨きにお悩みの方はご参考にしてください。


◆◆◆おすすめポリッシャー◆◆◆


◆◆◆RYOBI RSE-1250専用お勧めマジックパッド◆◆◆

「もう少し広い面を磨きたい」と思われる方はφ150のダブルアクションポリッシャーを、
「更に広く、速く磨きたい」と思われる方はφ180のギアアクションをお使いください。
ただし、ポリッシャーは全て回転調整付きをお勧めします。
回転数が1種類だけだと作業性が悪くなる場合があります。

[並び順を変更] ・おすすめ順 ・価格順 ・新着順

4,320円(本体4,000円、税320円)

切れが良くウールバフW-125との組み合わせで傷を除去しバフ傷の目立たない仕上げが可能です。

10,260円(本体9,500円、税760円)

切れが良くウールバフW-125との組み合わせで傷を除去しバフ傷の目立たない仕上げが可能です。

3,240円(本体3,000円、税240円)

#2000のペーパー傷を簡単に除去し、光沢に優れた仕上げが可能です。

8,640円(本体8,000円、税640円)

#2000のペーパー傷を簡単に除去し、光沢に優れた仕上げが可能です。

3,240円(本体3,000円、税240円)

#2000〜#3000のペーパー傷を簡単時除去し、光沢に優れた仕上げが可能です。

8,640円(本体8,000円、税640円)

#2000〜#3000のペーパー傷を簡単時除去し、光沢に優れた仕上げが可能です。

3,240円(本体3,000円、税240円)

数種類の極超微粒子が凝集した研磨剤が微細化しながら磨いていくコンパウンドです。

8,640円(本体8,000円、税640円)

数種類の極超微粒子が凝集した研磨剤が微細化しながら磨いていくコンパウンドです。

3,240円(本体3,000円、税240円)

これ1本でペーパー傷を簡単に除去し、光沢に優れた仕上げまでが可能です。

8,640円(本体8,000円、税640円)

これ1本でペーパー傷を簡単に除去し、光沢に優れた仕上げまでが可能です。

3,240円(本体3,000円、税240円)

セラミック、粉体、水系塗装などの非常に硬いと言われている塗装用の水性コンパウンドです。

9,180円(本体8,500円、税680円)

セラミック、粉体、水系塗装などの非常に硬いと言われている塗装用の水性コンパウンドです。

商品代引き
1回のご購入額が¥10,000(税抜き)未満の場合は別途送料および代引き手数料¥260を申し受けます。

※ただし、ポイント使用によりご購入合計金額が¥10,000(税抜き)未満になった場合もご購入確認画面では送料及び決済手数料が「0」となっていますが別途申し受けます。

●領収証について
 送り状の「引換金受領証」が領収証となりますのでご了承ください。
郵便
●1回のご購入額が¥10,000(税抜き)未満の場合は別途送料および代引き手数料¥260を申し受けます。

※送料につきましては「ゆうパック」の60サイズ料金をご参考にしてください。(サイズが大きくなっても60サイズ料金を適用させていただきます。)

※ただし、ポイント使用によりご購入合計金額が¥10,000(税抜き)未満になった場合もご購入確認画面では送料及び決済手数料が「0」となっていますが別途申し受けます。

●発送は日本国内のみとさせていただきます。

●北海道、および沖縄県につきましてはトラック便となります。

●「午前中」の配達指定の場合は、ご注文日より3日以降のご指定をお願いいたします。
販売業者 合資会社 ピーアンドエスピーサポート
運営統括責任者名 川島 斉
郵便番号 731-0221
住所 広島県広島市安佐北区可部6-46-4
商品代金以外の料金の説明 1回のお買い上げ金額が¥10,000(税抜き)未満の場合は、送料および代引き(決済)手数料¥260を別途申し受けます。

1回のご購入額が¥10,000(税抜き)以上の場合は送料、代引き手数料当社負担。

※ただし、ポイント使用によりご購入合計金額が¥10,000(税抜き)未満になった場合もご購入確認画面では送料及び決済手数料が「0」となっていますが別途申し受けます。

申込有効期限 在庫品につきましては、ご注文日より1週間以内にお届け致しします。
なお、品切れの商品の場合は、商品入荷後1週間以内にお届けとなります。
※交通事情によってはお客様のご希望に添えない場合もございます。
不良品 不良品・弊社の間違いの場合は当社負担で商品の交換をさせていただきます。
配送途中での破損等ございましたら弊社までご連絡ください。未開封商品に限り両品と交換させていただきます。
以上、発生後1週間以内にご連絡ください。1週間を経過した場合はご容赦ください。
販売数量
引渡し時期
お支払い方法 代金引換。
お支払い期限
返品期限 弊社にご連絡後1週間以内にご返送ください。
※返品・交換がお受けできない商品
 1.商品を使用された場合
 2.お届け後1週間以上経過している場合
 3.お客様のご都合による場合
返品送料 弊社の責による場合は、往復送料(返品・再発送)は弊社負担とさせていただきますが、お客様のご都合による返品は、自己負担でお願いいたします。
また、返金が生じる場合は、ご返却商品到着確認後にご購入商品代金のみのご返金とし、振込み手数料はお客様のご負担となりますのでご了承ください。
屋号またはサービス名 車磨きとコーティングのスキルアップのための情報通販サイト「リベライル」
電話番号 082-814-0563
公開メールアドレス info@riverail.com
ホームページアドレス http://riverail.com