会員専用ページ
ログイン
営業カレンダー




★弊社の基本概念★


カテゴリー
ショッピングカートを見る
商品検索
メールマガジン
ショップ紹介

ご来店ありがとうございます店長の川島です
車のコーティングや塗装は「磨き」が大きく見栄えに影響します。効率の良く高品質な仕上げが出来る「磨き」。それは塗装に合わせた「磨き」が必要です。リベライルは効率の良い作業、楽に、きれいに仕上がる「磨き」と「コーティング」を追求し、皆様に費用対効果の高い商品をご提案させていただいております。
rss atom
ホーム Glass Coating System

カテゴリー別商品
Riverail Glass Coating System について



Riverail Glass Coating System」は、下図のようにベースコートとしてハードグラスコートよりも固い被膜を形成する「Primary Coat」を塗布した上にトップコートとして、撥水、親水、フッ素コートを施すコーティング法で、親水ガラスコート「Silica Coat」の試作中に開発された施工法で、
クリアー塗装のような有機被膜上に無機質の被膜を形成させることにより密着性を高めて各コーティングの被膜特性を最大限向上させる為の新しい下地作りの工法です。

この工法は、完全無機質の親水コート(Silica Coat)の試作中にSilica Coatを無機質のガラスと有機質のクリアー塗装に塗布してみたところ、どちらも大量の流水をかけるとベタ〜ッと水が表面全体になじみ、水滴もつかず水の膜厚が全体的に徐々に薄くなりながら乾燥していくのですが、降雨程度の水量位では無機質のガラスは水が全体になじんで一面にベタ〜ッとなるのに比べ、有機質のクリアー塗装では撥水コートと比べて確かに水玉の接触角は小さく水滴も少ないのですが、ベタ〜ッとはならず水滴が残ってしまいました。

この原因を追求していくうちに、一番密着性が良く、被膜特性が最大限に発揮できるのは基材が「有機質よりも無機質のほうが良い」と言う事に気づいたのです。

確かにコーティングをするときに研磨後脱脂をしますよね。

ハジキがあると密着性が悪くなるからです。

だから「脱脂」をするわけです。

塗装面を脱脂しても、塗装は有機質です。

厳密にいえば「ハジキ」ます。

塗装が弾かない無機質に改質できればどうでしょう?

密着性はさらに向上すると考えられませんか?

特に、親水コート(Silica Coat)やフッ素コート(F coat)等は有機被膜への塗布はあまり密着性は良くなく、被膜性能も十分発揮されないようです。

よって、無機質な親水コートや、超撥水であるにもかかわらず塗装との密着性の弱いフッ素コートなどは、塗装を無機質に改質したほうが良いのです。

他に、密着性を高めるもう一つの要因として「施工面(基材)の硬度を上げる」事です。

施工面が柔らかいと、その上にいくら高硬度のコーティングを施しても高い密着性は望めません。

密着性が弱いと言う事は高持続性が望めないのです。

この考えをもとに考え出されたのが、

「Riverail Glass coating System」


です。

当システムの目玉であるベースコートのPrimary Coat(プライマリーコート)は、大気中の水分と反応してシリカガラスに転化するパーヒドロポリシラザン(以下PHPSと呼ぶ)を主成分としたアクアミカを主成分とした完全無機質で、かつ非常に硬い被膜を形成するガラスコート剤です。

Si(珪素),N(窒素),H(水素)のみから構成されるアクアミカが、Si(珪素),O(酸素)から構成されるシリカガラス(SiO2)へと変化し、完全無機被膜を形成することで被膜の耐久性親水性が得られ、さらに高硬度被膜により防汚性防食性防傷性を向上させます。

前出の通り、特に撥水コートでは直接塗装に塗布しても密着性はあるのですが、無機コートやフッ素コートなどは有機質の塗装に直接塗布しても密着力が弱い為に被膜の持続性も左右されてしまいます。

よって、無機やフッ素コートの持続力を高めるには、塗装面との密着性を上げることが必要となってきます。

そこで密着性を高めるために塗装表面に無機の被膜を形成させ、更にアクリル樹脂や最近の車の塗装であるウレタンとの相溶(2種類または多種類の物質が相互に容易に結合する性質や傾向:下図参照)に優れた成分を使用することで非常に高い密着性が得られる「アクアミカ」を採用したのが「Primary Coat」なのです。

Primary Coatは、完全硬化すれば基材を含めた被膜破壊硬度ではシリコーンハードコート(SILICONE COATは鉛筆硬度9H)の約4倍、ポリカーボネートの約10倍と言う非常に硬い被膜の形成により、塗膜への汚れの浸透を防ぐ為にもし、汚れがついても雨や水洗いで簡単に落とせ、クリアー塗装の硬度(鉛筆硬度約3〜4)程度しかないSilica Coatやフッ素コートの被膜の柔らかさをベースコートによりしっかりとガードして塗装への傷を入りにくくしたり、変形しにくくするのです。

(以上、AZ エレクトロニックマテリアルズ株式会社のアクアミカ技術資料より)


Riverail Glass Coating Systemは、このようにPrimary Coatの誕生によりSilica CoatやF coatの被膜特性を向上させ、被膜硬度の弱点を補う事を可能にしました。

また、これら「Silica Coat」、「F coat」の再施工の場合も、まずS removerで被膜を除去し、Primary Coatのベースに劣化などが無ければ再度これらを塗布するだけなので弊社製品のSILICONE COATのように旧被膜を研磨で除去することと比べれば非常に簡単な施工となります。
(SILICONE COATの場合にもS removerを使用することで比較的早く被膜を除去することが可能です。)
仮にS removerでコーティング被膜が完全に除去できない場合研磨をしても、最初から研磨で除去する場合と比べ非常に時間の短縮が図れます。





また、約2年の持続性を持つガラス系ポリマーコートのRV-G protect high gradeのベースコートにPrimary Coatを塗布することにより、耐傷性や持続性を向上させるため「ガラスコート」としての販売を可能とし、再施工についても被膜はIPA(イソプロピルアルコール)で簡単に除去できるので超撥水ガラスコートの中でも非常に施工が簡単な高品質撥水コートです。

この様にPrimary Coatは、ポリシラザンを配合した多くのコート剤の中で、手塗りでありながらすぐに硬化するポリシラザンと選び抜いた溶剤を独自の配合により作業性に優れた完全無機のベースコートに仕上げることが出来ました。

また、理論的にはポリシラザンの濃度を上げれば被膜硬度や性能を向上させるのは可能なのですが、濃度を上げるにしたがって作業性が悪くなり、また、クラックが起きやすくなるためにPrimary Coatは作業性と被膜特性を最大限考慮した配合率となっています。


※「Primary Coat」の商品ページもご参考にしてください。(商品名をクリックしてください)


現状扱われているコート剤は超撥水とか、疎水、滑水コート、と言っても疎水や滑水は超撥水(ここでは接触角は無視して、通常の撥水よりも撥水性が優れているものをこう呼ばせていただきます。)による現象であり、所詮は似通った撥水コートです。

車の塗装や保管場所、メンテナンスなどを考えると果たして1種類程度のコート剤であらゆる車やお客様のご要望を網羅することが出来るでしょうか?

多種多様な車の塗装や保管方法、場所などに対応するためには、これら撥水・親水・フッ素コートの性質の違うコート剤を揃え、これらのメリット・デメリットをご理解されることでコーティングをお勧めする際のTPO,つまり(塗装)・(保管場所)・(お客様のご要望)に対して的確なアドバイスとお勧めをすることが出来、ひいてはお客様からの信頼を得ることが出来るのです。

下に、弊社の撥水・親水・フッ素コートの特徴を表にした比較表を掲載いたしましたのでご参考にしていただければと思います。

各コート剤の性能比較表



「Riverail Glass Coating System」では、下地処理については、今までGlazing Polish Clearを塗布して下地を処理する工程を、TAKUMI S cutもしくは、G cutで鏡面にし、Primary Coatと親水促進剤で施工面を平坦かつ無機質な面にしてSilica CoatもしくはSILICONE COATやFG coatを塗り込むことで密着性を高め、持続性の向上や被膜特性を最大限に発揮させる」為の新しい工法です。



撥水コートであれ親水コートであれこれらの特徴を最大限発揮できるのは、施工面が平坦であることが重要です。

よって、汚れなどがついて施工面に凸凹が生じると、光沢や美観が損なわれるだけでなく、撥水コートであれば親水のように水滴が弾かなくなり、親水コートであれば逆に水滴ができやすくなります。

しかし、このような状態になっても、汚れを除去することで撥水なり親水なりの効果が蘇ります。

だから、お客様には汚れたらせめて洗車なりのメンテナンスが必要な旨をお伝えする必要があるのです。


クレームでないクレームにならないために・・・。



[並び順を変更] ・おすすめ順 ・価格順 ・新着順

3,510円(本体3,250円、税260円)

手塗りでできるポリシラザンコート剤。RGCSコーティングシステムのベースコート用

4,050円(本体3,750円、税300円)

Primary Coat 被膜の親水性を促進します。Primary Coart専用親水促進剤

6,480円(本体6,000円、税480円)

RGCSガラスコートの剥離・修正およびボディやガラスに付いた雨ジミ(イオンデポジット)を分解除去

12,960円(本体12,000円、税960円)

手塗りでできるポリシラザンコート剤。RGCSコーティングシステムのベースコート用

15,660円(本体14,500円、税1,160円)

無機質なベースコートと親水促進剤のセット。

21,060円(本体19,500円、税1,560円)

無機質のベースコートに親水促進剤と剥離剤をセットにしました。

23,220円(本体21,500円、税1,720円)

手塗りでできる超親水コートの施工セット

41,850円(本体38,750円、税3,100円)

ワンランク上のRGCS撥水:疎水性ガラスコート

商品代引き
1回のご購入額が¥10,000(税抜き)未満の場合は別途送料および代引き手数料¥260を申し受けます。

※ただし、ポイント使用によりご購入合計金額が¥10,000(税抜き)未満になった場合もご購入確認画面では送料及び決済手数料が「0」となっていますが別途申し受けます。

●領収証について
 送り状の「引換金受領証」が領収証となりますのでご了承ください。
郵便
●1回のご購入額が¥10,000(税抜き)未満の場合は別途送料および代引き手数料¥260を申し受けます。

※送料につきましては「ゆうパック」の60サイズ料金をご参考にしてください。(サイズが大きくなっても60サイズ料金を適用させていただきます。)

※ただし、ポイント使用によりご購入合計金額が¥10,000(税抜き)未満になった場合もご購入確認画面では送料及び決済手数料が「0」となっていますが別途申し受けます。

●発送は日本国内のみとさせていただきます。

●北海道、および沖縄県につきましてはトラック便となります。

●「午前中」の配達指定の場合は、ご注文日より3日以降のご指定をお願いいたします。
販売業者 合資会社 ピーアンドエスピーサポート
運営統括責任者名 川島 斉
郵便番号 731-0221
住所 広島県広島市安佐北区可部6-46-4
商品代金以外の料金の説明 1回のお買い上げ金額が¥10,000(税抜き)未満の場合は、送料および代引き(決済)手数料¥260を別途申し受けます。

1回のご購入額が¥10,000(税抜き)以上の場合は送料、代引き手数料当社負担。

※ただし、ポイント使用によりご購入合計金額が¥10,000(税抜き)未満になった場合もご購入確認画面では送料及び決済手数料が「0」となっていますが別途申し受けます。

申込有効期限 在庫品につきましては、ご注文日より1週間以内にお届け致しします。
なお、品切れの商品の場合は、商品入荷後1週間以内にお届けとなります。
※交通事情によってはお客様のご希望に添えない場合もございます。
不良品 不良品・弊社の間違いの場合は当社負担で商品の交換をさせていただきます。
配送途中での破損等ございましたら弊社までご連絡ください。未開封商品に限り両品と交換させていただきます。
以上、発生後1週間以内にご連絡ください。1週間を経過した場合はご容赦ください。
販売数量
引渡し時期
お支払い方法 代金引換。
お支払い期限
返品期限 弊社にご連絡後1週間以内にご返送ください。
※返品・交換がお受けできない商品
 1.商品を使用された場合
 2.お届け後1週間以上経過している場合
 3.お客様のご都合による場合
返品送料 弊社の責による場合は、往復送料(返品・再発送)は弊社負担とさせていただきますが、お客様のご都合による返品は、自己負担でお願いいたします。
また、返金が生じる場合は、ご返却商品到着確認後にご購入商品代金のみのご返金とし、振込み手数料はお客様のご負担となりますのでご了承ください。
屋号またはサービス名 車磨きとコーティングのスキルアップのための情報通販サイト「リベライル」
電話番号 082-814-0563
公開メールアドレス info@riverail.com
ホームページアドレス http://riverail.com