会員専用ページ
ログイン

★ご注文前のご確認事項★
インフォメーション

★弊社の基本概念★ コンセプト


カテゴリー
ショッピングカートを見る
商品検索
メールマガジン
ショップ紹介

ご来店ありがとうございます店長の川島です
車のコーティングや塗装は「磨き」が大きく見栄えに影響します。効率の良く高品質な仕上げが出来る「磨き」。それは塗装に合わせた「磨き」が必要です。リベライルは効率の良い作業、楽に、きれいに仕上がる「磨き」と「コーティング」を追求し、皆様に費用対効果の高い商品をご提案させていただいております。
rss atom
ホーム 水性・水溶性コンパウンド

カテゴリー別商品

車磨きは、切れが良くきれいに仕上がる
水性・水溶性コンパウンドがおすすめです!




水性コンパウンド



今までに車を磨いてきて、こんなご経験はありませんか?



 1.きれいに磨いたのに、洗車をしたら傷だらけ!

 2.ピッカピカに磨いたのに、もう艶が引いている。

 3.バフが絡まって磨きにくい。

 4.バフがすぐに目詰まりを起こす。

 5.バフのクリーニングがしにくい。

                         等々

これらのトラブルは今までのコンパウンドが原因している場合がほとんどなのです。


これらトラブルについて、原因を考えてみたいと思います。



1.きれいに磨いたのに洗車をしたら傷だらけ。



これらは、従来のコンパウンドのせいと言っても良いでしょう。

従来のコンパウンドで磨くと、初期研磨は結構早く傷が無くなりませんでした?

艶も早く得られませんでした?

実際はそんなに早く傷を消せたり、艶を出せるわけがないのです。

なぜ、こんなに早く傷が消えたり、艶を出すことが出来るのでしょうか?


何故だと思いますか?

それは、傷を埋め、且つ、平坦にしているからです。

では傷を埋めたり、平坦にするものは何でしょう?

それは、多少、私の私見も入りますが、

コンパウンドに配合されている、艶出しに代表されるパラフィンなどのロウ分やWAX類、ひまし油やグリセリン

などの滑剤、キシレンやベンゼンなどの溶剤類ではないでしょうか?

これらの成分が傷を埋める原因と考えられます。

「傷を埋める」と言う事は、「傷は残った状態にある」と言う事ですよね。

言い換えれば、「傷はなくなっていない」と言う事です。

埋めているものが無くなれば当然、傷は表れてきます。


2.ピッカピカに磨いたのにすぐに艶引きが起こる。



次に「艶引き」が起きる原因は何だと思いますか?

一つは、先ほど出た「傷を埋める」と言う事も一因であるのです。

「艶を出す」「光沢を出す」とはどういう事でしょう?

「艶を出す」、「光沢を出す」と言う事は、先ほどお話した通り、「表面を平坦にする事で得られる」と言えますよね。

言い換えれば「鏡面にすることで光が正反射(*1)をして艶なり光沢なりが得られる」と言う事です。

表面がいくら小さな凸凹であったとしても、平坦でないと艶や光沢は得ることはできません。

よって、「艶引きが起こる」と言う事は、表面が凸凹になることで起こるとも考えられますよね。

つまり、溶剤や艶出し剤を含んだコンパウンドで磨くと、これらの成分が傷を埋める事により表面を平坦にする

ので簡単に光沢や艶が得られすわけです。

艶出しの目的で配合されていると思われる成分は、パラフィンなどのロウ分やWAXやシリコーンなどが考えら

れます。

だから傷を埋めているこれらの成分が劣化したり、洗い流されることで傷が表れ、(そもそも傷を除去している

のではなく、埋めているだけなのですから)

表面も凸凹になってしまうので乱反射により「艶引き」が起きてしまうのです。


特にこれらの成分は、酸化、劣化しやすく、熱にも弱い為に流れ落ちやすいのです。

だから、艶が引くのが早いのです。

*1.正反射とは光の入射角と反射角は等しくなるような反射のしかたを鏡面反射と言いい、滑らかな表面は、ほ とんどの光が鏡面反
 射するため、つやがあり、輝いているように見える。∴表面が凸凹の場合は、入射角と反射角が等しくない(乱反射)ので光沢は得ら
 れない。



3.バフが絡まって磨きにくい。



バフが絡むのは、特にシングルポリッシャーで磨いている時に多いのですが、

研磨前の洗車時、下処理時に汚れや劣化した被膜が残っている状態のまま磨くと、高くなった研磨熱や溶剤

によりこれらがバフに絡んだりすると考えます。

また、1.でご紹介した成分により、研磨カスなどの排出性も悪い為にバフに溜まって凝固し、短時間で切れが

悪くなったり、最悪凝固によって深い傷を入れる危険性もあるのです。

特に、シングルポリッシャーでの磨きの場合、研磨熱が非常に高くなるために塗装が柔らかくなるので、これら

のトラブルも発生しやすくなります。

4.バフがすぐに目詰まりを起こす。



これも先程の3.の理由ですね。

何といっても、切れが悪くなるので頻繁に洗浄するか、バフをこまめに交換しなくてはいけません。


5.バフのクリーニングがしにくい。



溶剤分や艶出し成分により洗剤を使用しないときれいに洗浄することはできません。

ブラシなどでクリーニングをしても綺麗な時に黒色だったものがクリーニングをしてもグレーにしかならないの

は、細かい凝着した研磨カスや汚れ、研磨剤が残っているという状態そのものなのです。

だから、仕上げ研磨が上手くいかないのです。

しかし、水洗浄が出来ればクリーニングは楽になります。


研磨熱が上昇しやすいシングルポリッシャーでは、摩擦熱を抑えるために滑剤が必要となります。

従来のコンパウンドは、これら「溶剤分」や「ロウ分」、「艶出し剤」が潤滑剤の役割も兼ねていると考えられます。

が、これらの潤滑剤的成分を少なくすれば切れは非常に向上すると思いませんか?

逆に、研磨熱がほとんど出ないダブルアクションなどでの磨きには、当然、これらのコンパウンドでは仕事になりません。

この様な考えのもとに開発したのが水性コンパウンド、水溶性コンパウンドなのです。

水性コンパウンドと水溶性コンパウンドはどちらも水に溶解しするので同じに思われますが、

水性コンパウンドは極限まで溶剤分を減らし、研磨熱や溶剤の力を借らずに切れが出るように開発されたダ

ブルアクションポリッシャーで磨く「抑熱研磨法」の為のコンパウンドで、

水溶性コンパウンドは、研磨熱が上昇しやすいシングルポリッシャー向けに従来よりも切れが出て、ある程度

潤滑性を持たせたコンパウンドです。



「水性」、「水溶性」コンパウンドはなぜ切れが良いのでしょう?



先程少し触れましたが、

主に、「滑剤を含まない」または、配合率が「極限まで少ない」と言う事が言えるでしょう。。

「滑剤」を配合する目的はなんでしたか?

「素材とポリッシャーなどの加工機との滑りを良くして、摩擦を抑えて加工性を向上させる目的」で配合してい

るわけですよね。

潤滑性が高いと、塗面とポリッシャー、その間の研磨剤が良く滑ると言う事です。

つまり、言い換えれば「研磨面への研磨剤のかじりが弱い」と言う事ですよね。

この状態で良く切れると思いますか?

シングルポリッシャーならいくら摩擦を抑える意味で滑剤を配合していても、

トルクがあり、研磨熱の助けもあるので切削力は十分得られるため、

傷の除去など初期研磨に関してはあまり苦にはならないでしょう。

が、仕上げの段階になってこの様なコンパウンドで鏡面に仕上げられたとしても先程の「1.」のようなトラブル

が起きてしまいます。

また、ダブルアクションポリッシャーのように研磨熱の出ない磨きでは、なおさらこのようなコンパウンドは作業

性は非常に効率が悪くなってしまいます。

だから、シングル用のコンパウンドでは水溶性と言ってもそこそこ支障のないように潤滑性を持たせた水溶性

コンパウンド 「RV-G polishシリーズ」をご用意し、

トラブルが起きにくい作業性の向上と高品質な仕上げを可能といたしました。

が、このコンパウンドを使用するにあたっては磨く技術が必要となります。

また、水性コンパウンド「TAKUMI OPS PROシリーズ」は滑剤成分を極限まで少なくしているので、

研磨熱の出ないダブルアクションやランダムポリッシャーでもシングルポリッシャーで磨くのとさほど変わらな

いくらいの作業性が得られ、しかも熱による伸縮がない為に高品質な仕上げが可能になるのです。

また、前出5.のような悩みも、

当然ながら、水に溶けるわけですから、バフの洗浄は非常に簡単です。

下の写真のような洗浄もできるので大変メンテナンスが楽で作業効率もアップします。


また、研磨カスの排出性もいいのでバフの目詰まりも従来の油性のような従来のコンパウンドと比べて非常に

優れています。

でも、逆に研磨カスが舞い易いのでマスクは必要になりますけど・・・。


以上のように研磨熱の出ない研磨法や研磨熱の出る研磨法に対するコンパウンドとして

区別をする意味で「水性コンパウンド」と「水溶性コンパウンド」としています。(多少成分は違いますが)

が、ともにダブルやシングルアクションポリッシャーで使用は可能です。

ただ研磨熱の出ないポリッシャーで「水溶性コンパウンド」を使用すると作業効率は悪く、

シングルポリッシャーなど研磨熱が高くなりやすいポリッシャーで「水性コンパウンド」を使用すると「過研磨」の

危険性が高くなるために、磨き方に注意を要します。

この方法は、磨きになれていない方にはお勧めはできません。

詳しくは、各カテゴリーをご覧ください。


↓↓↓ご興味のある方はこちらもご覧ください。↓↓↓

Riverail 水性・水溶性研磨剤の変革



↓↓↓こちらもご参考にしてください。↓↓↓




[並び順を変更] ・おすすめ順 ・価格順 ・新着順

3,300円(本体3,000円、税300円)

#2000のペーパー傷を簡単に除去し、光沢に優れた仕上げが可能です。

3,300円(本体3,000円、税300円)

これ1本でペーパー傷を簡単に除去し、光沢に優れた仕上げまでが可能です。

3,300円(本体3,000円、税300円)

#2000〜#3000のペーパー傷を簡単時除去し、光沢に優れた仕上げが可能です。

3,300円(本体3,000円、税300円)

数種類の極超微粒子が凝集した研磨剤が微細化しながら磨いていくコンパウンドです。

3,300円(本体3,000円、税300円)

セラミック、粉体、水系塗装などの非常に硬いと言われている塗装用の水性コンパウンドです。

3,850円(本体3,500円、税350円)

脱脂不要の水溶性コンパウンドです

3,850円(本体3,500円、税350円)

脱脂不要のシングルポリッシャー用の水溶性コンパウンドです

3,850円(本体3,500円、税350円)

脱脂不要の水溶性コンパウンドです

4,400円(本体4,000円、税400円)

切れが良くウールバフW-125との組み合わせで傷を除去しバフ傷の目立たない仕上げが可能です。

4,950円(本体4,500円、税450円)

あらゆる塗装に対応した濃色車専用研磨剤

7,150円(本体6,500円、税650円)

会員限定販売品

8,800円(本体8,000円、税800円)

#2000のペーパー傷を簡単に除去し、光沢に優れた仕上げが可能です。

商品代引き
1回のご購入額が¥12,000(税抜き)未満の場合は別途送料および代引き手数料¥260を申し受けます。

※ただし、ポイント使用によりご購入合計金額が¥12,000(税抜き)未満になった場合もご購入確認画面では送料及び決済手数料が「0」となっていますが別途申し受けます。

●領収証について
 送り状の「引換金受領証」が領収証となりますのでご了承ください。
郵便
●1回のご購入額が¥12,000(税抜き)未満の場合は別途送料および代引き手数料¥265を申し受けます。

※送料につきましては「ゆうパック」の60サイズ料金をご参考にしてください。(サイズが大きくなっても60サイズ料金を適用させていただきます。)

※ただし、ポイント使用によりご購入合計金額が¥12,000(税抜き)未満になった場合もご購入確認画面では送料及び決済手数料が「0」となっていますが別途申し受けます。

●発送は日本国内のみとさせていただきます。

●北海道、および沖縄県につきましてはトラック便となります。

●「午前中」の配達指定の場合は、ご注文日より3日以降のご指定をお願いいたします。
販売業者 合資会社 ピーアンドエスピーサポート
運営統括責任者名 川島 斉
郵便番号 731-0221
住所 広島県広島市安佐北区可部6-46-4
商品代金以外の料金の説明 1回のお買い上げ金額が¥12,000(税抜き)未満の場合は、送料および代引き(決済)手数料¥265を別途申し受けます。

1回のご購入額が¥12,000(税抜き)以上の場合は送料、代引き手数料当社負担。

※ただし、ポイント使用によりご購入合計金額が¥12,000(税抜き)未満になった場合もご購入確認画面では送料及び決済手数料が「0」となっていますが別途申し受けます。

申込有効期限 在庫品につきましては、ご注文日より1週間以内にお届け致しします。
なお、品切れの商品の場合は、商品入荷後1週間以内にお届けとなります。
※交通事情によってはお客様のご希望に添えない場合もございます。

【ご注文のキャンセルおよびご注文後の商品変更について】

「ご注文確認メール」送信後の
キャンセル、および商品の変更はできませんのでご了承の程、よろしくお願い申し上げます。
不良品 不良品・弊社の間違いの場合は当社負担で商品の交換をさせていただきます。
配送途中での破損等ございましたら弊社までご連絡ください。未開封商品に限り両品と交換させていただきます。
以上、発生後1週間以内にご連絡ください。1週間を経過した場合はご容赦ください。
販売数量
引渡し時期
お支払い方法 代金引換。
お支払い期限
返品期限 弊社にご連絡後1週間以内にご返送ください。
※返品・交換がお受けできない商品
 1.商品を使用された場合
 2.お届け後1週間以上経過している場合
 3.お客様のご都合による場合
返品送料 弊社の責による場合は、往復送料(返品・再発送)は弊社負担とさせていただきますが、お客様のご都合による返品は、自己負担でお願いいたします。
また、返金が生じる場合は、ご返却商品到着確認後にご購入商品代金のみのご返金とし、振込み手数料はお客様のご負担となりますのでご了承ください。
屋号またはサービス名 車磨きとコーティングのスキルアップのための情報通販サイト「リベライル」
電話番号 082-814-0563
公開メールアドレス info@riverail.com
ホームページアドレス http://riverail.com