会員専用ページ
ログイン

★ご注文前のご確認事項★
インフォメーション

★弊社の基本概念★ コンセプト


カテゴリー
ショッピングカートを見る
商品検索
メールマガジン
ショップ紹介

ご来店ありがとうございます店長の川島です
車のコーティングや塗装は「磨き」が大きく見栄えに影響します。効率の良く高品質な仕上げが出来る「磨き」。それは塗装に合わせた「磨き」が必要です。リベライルは効率の良い作業、楽に、きれいに仕上がる「磨き」と「コーティング」を追求し、皆様に費用対効果の高い商品をご提案させていただいております。
rss atom
ホーム 水性・水溶性コンパウンド ダブルアクションポリッシャー用水性コンパウンド
カテゴリー別商品

革新的な車磨き用水性コンパウンド「TAKUMI OPS PROシリーズ」
     
もう車を磨いた後の傷に悩まない!

優れた切削性能が戻りのない仕上げを可能にしました。




●車の磨き傷に悩まされているあなたにお勧めです!



磨き傷に悩んでいるなら、サンダポリッシャーで効率よく傷を除去できる水性コンパウンドを試してみません

か?

 「TAKUMI OPS PROシリーズ」は、特殊な水性コンパウンドで、高い含水率(含まれる水分の割合)を持ちつ

つ、シリコーンやWAX不使用で、オイルの配合も極限まで抑えられています。

このため、優れた切削力を発揮し、効率的に傷やくすみを除去できます。

作業性の高さが特徴で、研磨カスの排出性が良く、バフの目詰まりを防ぎ、作業後も水拭きや簡単なシャンプ

ー洗車でクリーニングが容易です。

また、推奨のサンダポリッシャーを使用することで、熱を出さずに高品質な光沢のある仕上がりが実現できま

す。

「TAKUMI OPS PROシリーズ」は、

環境に優しく作業効率も考慮した、革新的な水性コンパウンドです。


研磨比較

写真は、#3000のペーパーをかけてTAKUMIシリーズで磨いたものです。



●こんなこと、経験ないですか?



  ・きれいに磨いたつもりだったが、時間が経過するにつれて傷が出てきた。

  ・いくら磨いてもなかなかすっきりとした仕上がりにならない。

  ・研磨カスなどをクロスで拭き取ってもうまく拭き取れず、なかなかすっきりとしない。

  ・磨く際によくバフが絡んだり目詰まりを起こし、すぐに磨けなくなる。

  ・コンパウンドが焼き付く。

  ・きれいに磨いても、すぐに曇ってくる。(ツヤが引く)


                        などなど

これって、磨き方が主な原因ではなく、

磨く際に出る研磨熱のせいもあるんですが、実は「油性コンパウンド」に含まれる溶剤や油脂分、他につや出

し剤などが大きく影響しているんです。

よって水性コンパウンドで、熱を抑えた磨きをすることで、これらのトラブルの大部分が回避できるんです。



【水性コンパウンドの効率の良い磨き方】




【Riverailイメージ劇場:特徴をわかりやすく物語風にしてみました】


 マサオ:車磨き2〜3年目の若者、トシ:車磨き10年のベテラン

 マサオ:トシさん、最近濃色車の磨きで悩んでるんです。

 トシ:何で悩んでるの?

 マサオ:シングルポリッシャーと、一般に使われているコンパウンドを使ってるんですけど、磨き過ぎ
    ちゃったり、奇麗に磨いたつもりでも時間の経過に連れて磨き傷が現れたりするんです。

 トシ:そうか。それは熱が出やすいシングルポリッシャーとコンパウンドに配合されているつや出し剤
    や溶剤のせいかもしれないな。
    磨く際に熱が出にくいサンダポリッシャーと、溶剤やつや出し剤の入っていない水性コンパウン
        ドを使うといいよ。

 マサオ:熱を掛けすぎたらダメなんですか?

 トシ:熱をかけすぎると塗装が軟らかくなるんで、よく切れるけど、逆に傷が入りやすくなるんだよ。
    コンパウンドも乾きやすく、研磨カスなどがバフに固着して深い傷が入ったり、補充も頻繁にし
    ないといけないからバフが目詰まりしやすく、メンテナンスも大変だろ。

 マサオ:そうなんですね。つや出し剤や溶剤は?

 トシ:それらは、傷を埋める働きがあるから、すぐに平坦になって傷が消えたように見えるけど、傷は
    なくなったわけではないんだよ。
    埋めているものがなくなったら、当然傷は現れてくる。

 マサオ:なるほど。だから、傷を埋めるようなコンパウンドはダメなんですね。

 トシ:そう。だから、熱を掛けない磨きと、熱を掛けなくても切れが良い水性コンパウンドを使うことを
    勧めるよ。

 マサオ:水性コンパウンドですか?

 トシ:水性コンパウンドは、油性コンパウンドに比べて研磨カスの排出性が良いから熱がかかりにくい
    んだよ。
    また、溶剤やつや出し剤が入っていないし、水分が多めにして粘度を下げることで切れを出し、
        油脂分も極限まで少なくしているから切れがよくて傷を埋めずに、傷そのものを除去し
        てくれるよ。
        だから、ツヤが長持ちするのさ。

 マサオ:そうなんですね。じゃあ、試してみようと思います。

 トシ:頑張ってね。

 マサオ:はい。


数日後


 マサオ:トシさん、水性コンパウンドを使って磨いてみたんですけど、すごくキレイに仕上がりました!

 トシ:良かったね。

 マサオ:研磨熱も出なくて、傷も出ませんでした

 トシ:そうだろ。水性コンパウンドは、濃色車の磨きには最適だよ。

 マサオ:本当にありがとうございます。これからは、水性コンパウンドを使って磨きたいと思います。

 トシ:うん、それでいいよ。濃色車さえうまく磨ければ、後は何でもきれいに磨けると思うよ。




車を磨くのに悩んでいませんか?

研磨熱による過研磨や焼き付き、仕上がりの不満など、多くの悩みを抱えている方もいらっしゃるはずです。

そこでおすすめしたいのが、水性コンパウンド「TAKUMI OPS PROシリーズ」です。

熱を出さない磨きでも切れがよく、深い傷が入りにくいだけでなく、塗装を選ばず持続性のある光沢が実現で

きるんです。

さあ、今すぐ詳細をご覧ください。



1.「磨き傷」や「バフ目」といった問題が発生する理由



バフ傷


 油性コンパウンドで磨くと、艶はよく出ますが、

 溶剤により塗装が柔らかくなり、更に回転の強いシングルポリッシャーで磨くことにより高い研磨熱が発生し

 ます。

 この研磨熱によりさらに塗装が柔らかくなるので、切削性は良いのですが、傷も入りやすくなるのです。


 そのために「磨き傷」や「バフ目」といった問題が発生しやすくなります。

 さらに、これらの成分が傷を一時的に埋めるため、後日、埋めた成分が消滅するにつれて傷が再び現れて

 しまうのです。


 他にも、研磨カスの除去やバフの洗浄も困難を極め、せっかく手間をかけて奇麗に磨いても、水の泡になっ

 てしまいます。

 少なからずあなたも経験があると思いますよ。

 ガックリときますよね。

 肉体だけでなく、精神的にも疲れますよね。

 実は私もこんな経験結構あったんです。結構クジケました。

 (ただ、スクラッチシールドやセルフリストアリングコートのような自己修復性耐スリ傷塗装は性格が違うの

 で、ここでは触れません。)


 そこで、弊社が強くお勧めするのが、水性コンパウンド「TAKUMI OPS PROシリーズ」です。



2.水性コンパウンド「TAKUMI OPS PROシリーズ」と専用バフの開発秘話



 元々は20数年前、お客様の中に磨きの匠がいらっしゃって、その方が作られた水性コンパウンドを「売って

 みないか?」と勧められたのが水性コンパウンドとの最初の出会いでした。


 ほぼ水性という感じで、垂直面などにコンパウンドを付けるとすぐに「タラーッ」と流れるような粘度が非常に

 低いものでした。

 このコンパウンドで、回転力の強いシングルポリッシャーで磨く訳です。

 (使い慣れないと非常に難しいんですよ。そのころの私は全くの素人だったのでさらに難しい。)


 ウールバフは毛先が20舒未能世蕕い毛の「ソフトロングウールバフ」、スポンジは厚みが50舒未慮みが

 あり軟らかめのバフを使い、低速回転で後は力加減です。


 低速で長く磨き続けると、ポリッシャーの中のブラシが焼き付くのでその都度回転の調整をしながらポリッシ

 ャーを操ることが大変でした。


 でも慣れれば、なかなか切れがよく、研磨カスの排出性も良いので、作業性がよく仕上がりも良いんです。


 当時、全くの磨きの素人だった私が、匠に車1台で半日講習を受けて、磨きの基本のさわりだけを教えてい

 ただきました。


 でも、塗装の知識は全くありません。


 この程度の技術と知識で早速塗装業界やディテーリング業界に飛び込み営業を始めたのです。

 (度胸があったと思いますし、よく考えればお客様に失礼だったと思います)


 案の定、多くの失敗や、無知さを思い知らされることになったわけです。

 (結構恥もかきました。自分自身よくやったと思います)

 が、これに臆することなく、逆にお客様に教えを乞いて技術や知識を付けてきました。


 ある時、仕入先であるメーカーのサンダポリッシャーで磨く新しい技術とコンパウンドを知り、試してみて、今

 までの経験をもとに試行錯誤しながら改良をしていきました。

 その結果、研磨熱を抑えた磨き、「抑熱研磨法」を思いついたのです。


 しかし、今までのコンパウンドではなかなか効率よく磨けませんでした。

 そこでさらに試行錯誤をしながら、この「抑熱研磨法」で効率よく磨けるように開発したのが、水性コンパウン

 ド「TAKUMI OPS PROシリーズ」です。


 さらに、このコンパウンドの特徴を最大限発揮させるために、バフも同時に改良を重ねて専用のものを作り

 ました。

 これにより、スクラッチシールドやセルフリストアリングコートのような自己修復性耐スリ傷塗装のような特殊

 な塗装や、濃色車(磨くのはクリヤー塗装で、色が濃いほうが傷が目立つと言う事なのですが)などでも

 塗装を選ぶことなく磨けるのです。

 クリヤー塗装の硬さもあまり影響なくきれいに磨けました。



3.水性コンパウンド「TAKUMI OPS PROシリーズ」の特徴


従来の油性コンパウンドと比べての違いを説明させていただくと、

  

/緤を多く配合し、潤滑性と切削性を向上



 水性コンパウンドは、その名の通り、含水率(水の含有量)が高いのが特長です。

 油性コンパウンドに含まれる潤滑性の良い溶剤や油脂分も極限まで減らし、替わりに水分を多く配合するこ

 とで潤滑性を持たせ切削性を向上させています。

  

△弔篏个刑淺垰藩僂能を埋めずに磨く



 従来の油性コンパウンドと比べて、つや出し剤を配合していないので傷を埋めることがありません。

 よって、磨き傷の戻りのない仕上がりを可能としました。

  

K瓩熱を抑え、塗装本来のツヤを引き出す



 磨きの際に出る熱を抑えることで最終的に状態に変化のない塗装本来のツヤが出るのでツヤ引きしにくい

 仕上がりになるのも特徴的です。

  

じλ瓮スが拭き取りやすく、曇りのない仕上がり



 油脂分を減らすことで研磨カスなどの排出性を良くしているので、油脂分による曇りが無く、磨きながら状態

 が確認でき、バフの目詰まりもしにくいので作業の効率が上がります。

 ただし、排出性が良いために粉が多く出ますので、ゴーグルやマスクを着けての作業をお勧めします。

  

ゥ丱媽浄や作業後のクリーニングが簡単



 水洗い、もしくはシャンプーでの洗車が簡単にできるので、作業後のクリーニングが容易です。

 また、バフの洗浄も簡単なので、クリーニングをしながら磨くことが可能です。

 

4.Q&A



Q:このコンパウンドはどのような傷に効果がありますか?

A:TAKUMI OPS PROシリーズは、さまざまな塗装や傷の状態に対応しています。浅いキズから深い傷まで効

 果的に磨き上げることができる汎用性の高いコンパウンドです。

Q:熱を出さない磨きでも効果がありますか?

A:はい、水分の多い水性コンパウンドなので粘度が低いため熱を出さないサンダポリッシャーでも切れがよ

 く、排出性に優れているので、研磨カスなどの残留物が固着して深い傷が入るのを防ぐことができます。

Q:使用方法は難しいですか?

A:使用方法は簡単です。塗装の状態や傷の状態に合わせて、磨き熱が出ない推奨のサンダポリッシャーに

 推奨のウールバフとスポンジバフを使ってご使用いただけます。

 独習セットには、磨き方のマニュアルが付いているので、未経験の方でも短時間で磨きのコツが習得でき

 ます。

Q:この商品の磨きの効果はれどくらい持続しますか?

A:TAKUMI OPS PROシリーズは、持続性のある光沢を醸し出すことができます。

 正しい使用方法でお手入れいただくと、長期間にわたり美しい仕上がりを保つことができます。

Q:他の商品と比べてどのような特徴がありますか?

A:TAKUMI OPS PROシリーズは、溶剤やつや出し剤を配合せず、油分も最小限に抑え、水分を多めにしてい

 ます。そのため、熱を抑えた磨きでも切れが良く、初期研磨から仕上げまでが可能です。



 水性コンパウンド「TAKUMI OPS PROシリーズ」は、油性コンパウンドのデメリットを克服した、車磨き初心者

 にも使いやすいコンパウンドです。

  「車の美しさを長持ちさせたい」とお考えの方は、今こそ水性コンパウンドへの切り替えをご検討ください。

  傷への悩みから解放され、いつまでも新車のような輝きをお楽しみいただけます。

    環境への配慮、効率的な作業、美しい仕上がりを求める方に最適な選択肢です。

  
詳細は「5.TAKUMI OPS PROシリーズの各商品の特徴」の商品ページをご覧ください。


「抑熱研磨法」を覚えてみたい方は「こちら」から


5.TAKUMI OPS PROシリーズの各商品の特徴


深い傷が入りにくく、しかも磨きながら磨き具合が確認できるので、
非常に作業性の良いコンパウンドに仕上げました。





TAKUMI OPS PRO Hard Clear
鈑金塗装での足付けや、硬い塗装の初期研磨に使います。
#1000程度のペーパー傷の除去に
詳しくはこちら


TAKUMI OPS PRO F cut
硬めの塗装の研磨や初期研磨用です。#1500程度のペーパー傷の除去に
スクラッチシールドの初期研磨にも適しています。
詳しくはこちら


TAKUMI OPS PRO M cut
初期研磨の基本的コンパウンドです
まずこのM cutから磨いてみてから作業性の良いコンパウンドを選択してください。
スクラッチシールドの初期研磨に。#2000のペーパー傷の除去に
詳しくはこちら


TAKUMI OPS PRO PF cut
比較的絡みのないM cutよりも汎用性の高いコンパウンドです
中古車など傷みのある塗装に適しています。
詳しくはこちら


TAKUMI OPS PRO S cut
浅い拭き傷やくすみ程度なら
ウールバフとスポンジバフで初期から仕上げまで可能です
#3000のペーパー傷の除去に
詳しくはこちら


TAKUMI OPS PRO G cut
数種類の微粒子を凝集させた鏡面仕上げ用コンパウンドです
凝集した研磨粒子が微細化しながら磨いていくので
濃色車のつやに優れた鏡面仕上げに最適です
詳しくはこちら


TAKUMI OPS PRO Black 202
202ブラックなど特に濃色車の磨きに適しています
ウールバフとスポンジバフで、初期研磨から仕上げまでこれ1本で可能です
詳しくはこちら




TAKUMI OPS PROシリーズの磨き方は下のバナーから


お客様の声>



◆◆◆おすすめポリッシャー◆◆◆

[並び順を変更] ・おすすめ順 ・価格順 ・新着順

4,400円(本体4,000円、税400円)

数種類の極超微粒子が凝集した研磨剤が微細化しながら磨いていくコンパウンドです。

11,000円(本体10,000円、税1,000円)

数種類の極超微粒子が凝集した研磨剤が微細化しながら磨いていくコンパウンドです。

19,800円(本体18,000円、税1,800円)

数種類の極超微粒子が凝集した研磨剤が微細化しながら磨いていくコンパウンドです。

3,850円(本体3,500円、税350円)

セラミック、粉体、水系塗装などの非常に硬いと言われている塗装用の水性コンパウンドです。

9,900円(本体9,000円、税900円)

セラミック、粉体、水系塗装などの非常に硬いと言われている塗装用の水性コンパウンドです。

17,600円(本体16,000円、税1,600円)

セラミック、粉体、水系塗装などの非常に硬いと言われている塗装用の水性コンパウンドです。

5,500円(本体5,000円、税500円)

あらゆる塗装に対応した濃色車専用研磨剤

10,890円(本体9,900円、税990円)

あらゆる塗装に対応した濃色車専用研磨剤

20,900円(本体19,000円、税1,900円)

あらゆる塗装に対応した濃色車専用研磨剤

7,920円(本体7,200円、税720円)

会員限定販売品

26,950円(本体24,500円、税2,450円)

会員限定販売品

商品代引き
1回のご購入額が¥12,000(税抜き)未満の場合は別途送料および代引き手数料¥260を申し受けます。

※ただし、ポイント使用によりご購入合計金額が¥12,000(税抜き)未満になった場合もご購入確認画面では送料及び決済手数料が「0」となっていますが別途申し受けます。

●領収証について
 送り状の「引換金受領証」が領収証となりますのでご了承ください。
郵便
●1回のご購入額が¥12,000(税抜き)未満の場合は別途送料および代引き手数料¥290を申し受けます。

※送料につきましては「ゆうパック」の60サイズ料金をご参考にしてください。(サイズが大きくなっても60サイズ料金を適用させていただきます。)

※ただし、ポイント使用によりご購入合計金額が¥12,000(税抜き)未満になった場合もご購入確認画面では送料及び決済手数料が「0」となっていますが別途申し受けます。

●発送は日本国内のみとさせていただきます。

●北海道、および沖縄県につきましてはトラック便となります。

●「午前中」の配達指定の場合は、ご注文日より3日以降のご指定をお願いいたします。
販売業者 合資会社 ピーアンドエスピーサポート
運営統括責任者名 川島 斉
郵便番号 731-0221
住所 広島県広島市安佐北区可部6-46-4
商品代金以外の料金の説明 1回のお買い上げ金額が¥12,000(税抜き)未満の場合は、送料および代引き(決済)手数料¥290を別途申し受けます。

1回のご購入額が¥12,000(税抜き)以上の場合は送料、代引き手数料当社負担。

※ただし、ポイント使用によりご購入合計金額が¥12,000(税抜き)未満になった場合もご購入確認画面では送料及び決済手数料が「0」となっていますが別途申し受けます。

申込有効期限 在庫品につきましては、ご注文日より1週間以内にお届け致しします。
なお、品切れの商品の場合は、商品入荷後1週間以内にお届けとなります。
※交通事情によってはお客様のご希望に添えない場合もございます。

【ご注文のキャンセルおよびご注文後の商品変更について】

「ご注文確認メール」送信後の
キャンセル、および商品の変更はできませんのでご了承の程、よろしくお願い申し上げます。
不良品 不良品・弊社の間違いの場合は当社負担で商品の交換をさせていただきます。
配送途中での破損等ございましたら弊社までご連絡ください。未開封商品に限り両品と交換させていただきます。
以上、発生後1週間以内にご連絡ください。1週間を経過した場合はご容赦ください。
販売数量
引渡し時期
お支払い方法 代金引換。
お支払い期限
返品期限 弊社にご連絡後1週間以内にご返送ください。
※返品・交換がお受けできない商品
 1.商品を使用された場合
 2.お届け後1週間以上経過している場合
 3.お客様のご都合による場合
返品送料 弊社の責による場合は、往復送料(返品・再発送)は弊社負担とさせていただきますが、お客様のご都合による返品は、自己負担でお願いいたします。
また、返金が生じる場合は、ご返却商品到着確認後にご購入商品代金のみのご返金とし、振込み手数料はお客様のご負担となりますのでご了承ください。
屋号またはサービス名 車磨きとコーティングのスキルアップのための情報通販サイト「リベライル」
電話番号 082-814-0563
公開メールアドレス info@riverail.com
ホームページアドレス http://riverail.com